海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

  • カタログ請求
  • フェイスブック

鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピ鰹節屋のつぶやき > 砂糖は身も心も元気にします

砂糖は身も心も元気にします

 

 

波照間の純黒糖(かちわり)

「孫が野球やっているので、練習の合間に食べるように
  持たせてるんですよ・・・」

 

今年(2008年)の5月から販売を始めた『 波照間島の純黒糖 』ですが、この僅か3ヶ月ちょいで、40袋もお買い上げをしていただいたお客様がいらっしゃいます。 

 

お話を聞いてみると・・・

 

少年野球をやってらっしゃるお孫さんの野球チームへ

差し入れするためにお買い上げいただいてるとの事。

 

お孫さん達、が野球の練習で汗をかいた後の栄養補給に

ミネラル分が豊富な『 波照間島の純黒糖 』が大活躍しているそうな。

 

こんな話を聞いたとたん、小学校5年生の時の臨海学校を思い出した。

 

私の出た小学校(中央区立築地小学校)は、当時、臨海学校で遠泳を実施していました。

 

千葉県は館山の海で、約4キロ泳ぐのです。

 

それも、先ずは沖に向かって2キロ泳ぎ、そして

折り返して、浜まで戻るのですから、ある意味、命がけ。

 

2時間超、泳ぎ続けさせられたのであります。

 

小舟に乗って伴走していた校長先生が、途中、やおら舟の上から

泳いでいる私たち生徒に向かって 氷砂糖を投げるんです。

 

校長からエサを与えられているようで、とっても嫌だった覚えがあるのですが・・・

 

これがエネルギー補給となって、4キロ泳ぎ切れたに違いない。

 

そして、で陸に上がり、ヘトヘトの状態で食べたお汁粉の甘さが

とっても心地よかった事まで思い出してしまいました。

 

砂糖といえばデブの大敵、ましてや辛党の私ですから

極力、避けて生活をしているのでありますが・・・

 

スポーツの後の栄養補給に役立つのですから

砂糖には、思いもよらないパワーが、もっと他にあるかもしれません。

 

そこで、色々と調べてみると・・・

 

  • 運動の後に摂る砂糖が、筋肉を作ります
  • 運動直後に砂糖を摂ると、疲れを早めに回復できます
  • 砂糖は心の安定を保ちます
  • 砂糖は脳の上質なエネルギーです
  • 砂糖は記憶力をアップさせます

 

砂糖にはこんなパワーが秘められているんですって。

 

まあ、この話は日本精糖工業会さんのホームページの受け売りなんですが

以下、砂糖パワーについて、かいつまんで説明させていただきます。

 

詳しい話は、ネタ元であるこちらのHPをご覧ください。

 

 

筋肉はタンパク質から合成されるのですが、膵臓から出るホルモンである「インスリン」が

この合成を促進させます。 そして、砂糖を摂取するとこのインスリンの分泌が活発になるので、

運動のあとに砂糖を摂ると、より効果的に筋肉づくりができるのであります。

 

また、インスリンには、ブドウ糖を体に取り込ませるという働きもあります。

 

運動する際、体は多くのブドウ糖を必要とします。 そこで、「グリコーゲン」として

筋肉や膵臓に貯められているブドウ糖が使われるのですが、消費されたグリコーゲンを、

後に、 補充せねばなりません。

 

これに役立つのが砂糖。運動の後に砂糖に摂るとインスリンの分泌が促進され、

グリコーゲンが素早く生成されるので、疲れを早めに回復できるのです。

 

「甘い物を食べて、ホッとした」なんて経験をお持ちの方は多いと思いますが、

これも砂糖の働きです。

 

砂糖の甘さを感じた脳が「エンドルフィン」と呼ばれるホルモンを分泌します。

エンドルフィンは、気持ちをゆったりさせ、病気への抵抗力を高める働きをします。

 

また、砂糖に含まれているブドウ糖は、肉や魚などのタンパク質に含まれる

「トリプトファン」(アミノ酸の一種)を脳内へと運び、「セロトニン」が合成されます。

セロトニンは感情にブレーキをかけ、気持ちをリラックスさせる効果があります。

 

このように、砂糖は心の安定を保つ働きをします。

 

脳の重さは体重の2%と言われていますが、その脳が消費するエネルギーは、

体全体の消費量の約24%にも達します。このように多大なエネルギーを必要とする脳ですが、ブドウ糖が唯一のエネルギー源です(他の器官ではタンパク質や脂肪もエネルギー源となります)。

 

ブドウ糖は砂糖だけでなく、ご飯やパンなどの炭水化物にも含まれていますが、分子構造が簡単な砂糖は、体内でブドウ糖に分解、吸収されるのが早く、速やかに脳のエネルギーとなります。

 

ですから、砂糖は脳の上質なエネルギー源なのであります。

 

気持ちをリラックスさせる効果がある神経伝達物質であるセロトニンは、脳の働きを活発にさせ、

結果、学習・記憶能力がアップすると言われています。

 

事実、20歳の女性を対象に、ブドウ糖(ブドウ糖はセトロニンの合成を促進する)と

言語の記憶力や流暢さの関わりを調べ実験をしたところ、ブドウ糖を含む飲み物を摂った

グループの方が頭がすっきりし、多くの単語を思い出せたという結果が出ています。

 

このように、すばやくブドウ糖に分解される砂糖は、脳の速効性エネルギーとして脳の働きを活性化し、記憶力アップさせる働きがあるのです。

 

 

  • 運動の後に摂る砂糖が、筋肉を作ります
  • 運動直後に砂糖を摂ると、疲れを早めに回復できます
  • 砂糖は心の安定を保ちます
  • 砂糖は脳の上質なエネルギーです
  • 砂糖は記憶力をアップさせます

 

 

 

 

波照間の純黒糖(かちわり)

何かとせわしない現代社会

 

「 疲れたなぁー 」と、ため息をつく前に

 

波照間島の純黒糖で心と体を癒してください