海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

  • カタログ請求
  • フェイスブック

鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピ鰹節屋のつぶやき > 乾椎茸はご自分で「天日干し」が一番

乾椎茸はご自分で「天日干し」が一番

 

大つぶし

「天日干しの乾椎茸」と謳ってあれば栄養価が高く美味しいと思っていましたが、 本当は自分で「天日干し」をした乾椎茸が一番です。生の椎茸は腐敗しやすいので、江戸時代から炭火乾燥で 乾椎茸は製造されていました。高温で乾燥することにより、旨味成分であるグアニル酸が増え、乾椎茸の独特の 風味が作り出されます。ですから、天日だけの低温乾燥ではかえって美味しくないようです。

 

現在では、熱風を、14〜15時間、生の椎茸にあてて乾燥させます。そのようにして製造された乾椎茸を、 天日で1〜3時間程度干してから、袋詰めした商品が「天日干しの乾椎茸」と称されています。


冬 「天日干しの乾椎茸」はビタミンDを大量に含んでいるので、カルシウムの吸収力が 高まるという効果があります。

 

椎茸に含まれているエルゴステロールと呼ばれる物質が紫外線を浴びると ビタミンDに変化します。せっかく、天日干しで増えたビタミンDですが、空気に触れてしまうような 通常の保管方法ですと、1ヶ月半で半減してしまいます。

これでは「天日干しの乾椎茸」を買った意味がありません。


天日干し お使いになる前に、傘の裏側のヒダを上に向けて、ご自宅で天日干しにしてください。

30分〜1時間程度で、ビタミンDを大量に含む乾椎茸に変身します。

紫外線は乾椎茸のビタミンBを破壊します。

 

乾椎茸はビタミンBを 多く含んでいる食品ですが、天日に干されると、紫外線がそのビタミンBを壊します。

 

「天日干し」は良いことばかりではないのです。