海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

  • カタログ請求
  • フェイスブック

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

トマトの若布のスープ煮

 

 

トマトの若布のスープ煮

(2009年3月6日)

 

我家の日曜日のお昼は季節の野菜がたっぷり入ったラーメンと決まっています。

 

そのラーメンスープを美味しくしょうと秋刀魚節を入れてみたところ

野菜の味がぐんと引き立ちました。

 

ならば野菜だけのスープ煮はどうかしらと試したところこの一品が出来上がりました。

 

お手軽でヘルシー、冬の間に体に蓄えてしまった余分なものを減らすのにも

効果的なレシピだと思います。

 

 

材料

(二人前)

 

材料
大根 ・・・  6p長さ(約450g)
トマト ・・・  2個

宮古天然若布

 ・・・  15g
秋刀魚節 ・・・  1本
昆布 ・・・  6p長さ1枚
淡口醤油 ・・・  大さじ1
 ・・・  大さじ3

 

 

作り方

 



一晩置く
1.

秋刀魚節は電子レンジで2分ほど加熱し、鍋に昆布と秋刀魚節と水を入れて一晩置く。





大根の切り方
2.

大根は3cm長さに切り、皮をむいて、半分に切る。





トマト
3.

トマトはヘタの葉を取り除く。 





若布の切り方
4.

若布は水に戻して、食べやすい長さに切る。





鍋に大根をいれる
5.

1の鍋に大根、酒を入れて火にかけ、煮立ったらアクを取り、弱めの中火で大根に竹串がすっと通るくらいの柔らかさになるまでコトコトと30分程煮る。





鍋に調味料を入れる
6.

大根が柔らかくなったら淡口醤油大さじ1を加え10分ほど煮て味を含ませる。





鍋にトマトを入れる
7.

秋刀魚節と昆布を取り出しトマトを加え、火を弱めて10分程煮る。

 

トマトは崩れやすいのでトマトがお風呂に入っているような火加減で、静かに加熱してください。時間があればこのまましばらく置くと味がしみて美味しくなります。





鍋に若布を入れる
8.

食べる直前に若布を入れて温め、トマトが崩れないように注意しながら器に盛る。



 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

 
配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください