海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

  • カタログ請求
  • フェイスブック

鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピ鰹節屋のつぶやき > 黄かぼすって何???

黄かぼすって何???

 

 

黄かぼす・・・7月から9月に収穫された若いカボスは緑色だが、11月まで収穫せずに熟成させたカボスは黄色い色になる

カ ボ ス

ミカン科の常緑広葉樹、及びその果実のこと。柑橘類のひとつ。ユズの近縁種で、枝には鋭い刺がある。果実は緑色のうちに収穫するが、熟すと黄色くなる。果肉は黄白色で、多汁であり酸味が強い。果汁を搾って食用とする。大分県の特産品。スダチ等と混同されがちだが、果頂部の雌しべの落ちた跡の周囲がドーナツ型にやや盛り上がるため外観からも容易に区別できる。また、スダチとは大きさが全く違い、スダチが30〜40グラム程度なのに対してカボスは100〜150グラム程度である。(Wikipediaより)

 

 

スーパーや八百屋さんに並んでいるカボスは緑色の果実ですが、実は、緑色のカボスは7月から9月にかけて収穫された『 まだ若い未成熟なカボス 』なんです。この早い時期に収穫せず、木になったまま11月まで熟成させると、カボスは黄色くなります。

 

この黄色くなったカボスを地元では『 黄かぼす 』と呼んでいます。

 

黄かぼすは一般的に流通している緑色のカボスに比べ成熟しておりますので

 

  • ツンツンした感じの無い、口当たりが良い酸味がまろやかになります

  • そして、その黄かぼすを搾ったまろやかな味わいの果汁は、素材の味を引き立たせる調味料になります

 

 

成熟すだち果汁

成熟かぼす果汁

 

大分の臼杵(うすき)市で、太陽の恵みをたっぷり受けて育ったカボスが黄色く熟成するのを待ってから収穫し、搾って瓶詰めした果汁がこちらの成熟かぼす果汁です。