海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

  • カタログ請求
  • フェイスブック

鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピ鰹節屋のつぶやき >尾札部の浜で昆布漁を見てきました

尾札部の浜で昆布漁を見てきました

 

尾札部の天然昆布漁

 

2016年7月、昆布漁を見に、道南にある尾札部の浜を訪れました。

なんで尾札部かと言えば、私が一番好きな昆布だから。


7月17日に天然昆布漁解禁という事で、18日、19日、20日と
函館で過ごしましたが・・・

 

7月18日(月)

お昼に羽田を発ち、尾札部の浜に着いたのは午後3時すぎ。

どうやら、その日は漁に出なかったようで
尾札部の浜はひっそりしていた。

 

拾い昆布

昆布を干している所を見つけました。

近くにいらっしゃったオバサマ曰く
「これは拾い」との事。

拾い昆布とは、船で採取する昆布ではなく
岩から剥がれて浜辺に打ち寄せられた昆布のこと。

「拾い」なんて聞くと、言葉の響きはイマイチですが
きちんと乾燥させれば立派な昆布になります。

 

浜の隣は山

尾札部の浜、道路の向こうは直ぐに山。

山に生えている木の葉は冬に落ち、その落ちた葉が腐葉土になります。そして、その腐葉土が海中に運ばれ養分となり、尾札部の昆布を育てます

 

豊富な森林資源があるからこそ、尾札部の昆布から
しっかりとした甘いダシが出るのであります。

 

7月19日

朝4時半に起きて漁協に電話すると・・・

「今日、昆布取り、やります」だって。ラッキー!

急いで、函館市内から尾札部の浜に向かい、到着したのは6時。

 

天然昆布漁

やってました、昆布漁
肉眼に見るのは生まれて初めてであります。

天然昆布は岸の近くが漁場なんですね。

 

ちなみに養殖は、岸から500m〜1000m
の沖合で行われてます。

 

 

 

一隻に3人で作業をしています。

動画を見ると、のんびり仕事しているように感じるかもしれませんが
海中から昆布を引き上げる作業は、かなりの重労働に違いない。

 

1時間近く見学をしていたのですが、やおら雨が降ってきた。

天気予報では翌日(20日)は晴れとの事だったので
「明日また来て、水揚げした昆布を干しているのを見学しましょう」
と朝ご飯を食べにホテルに戻ったのが運の尽き・・・

 

7月20日

なんと朝から小雨、最低です。

ダメもと、尾札部まで行ったのですが
漁に出た形跡は一切ない。

町はひっそり、どこにも昆布は干してなかった。

「あーあ、これなら昨日、もうちょっと浜にいれば良かった」

と思うモノの、後悔先に立たず。

夕方の便で東京に戻ったのであります。

 

今年の7月は、どうやら北海道は総じて
イマイチ天候が良くなかったようでして
19日に1時間ほどでしたが、昆布漁を見学できたのは
幸運だったかもしれません。

 

昆布漁の画像や映像は、何度となく見てきました。
舟の上には山盛りの昆布が積まれているイメージだったのですが・・・

 

天然昆布漁

尾札部の天然昆布漁
1時間近く眺めていたのですが
舟の上の昆布、なかなか積み上がりません。

もしかして天然昆布って絶対量が少ないの???

と思って、東京に帰ってから函館の取引先に聞いてみたのです。すると・・・

 

「 南茅部でとれる昆布は5千トンって言われているんですけど
  天然はぜひぜい千トンだけですよ 」

ですって。

南茅部(みなみかやべ)とは、尾札部、川汲など
白口の真昆布がとれる浜がある地域でして
真昆布の代表的な産地

そこでとれる昆布の内、天然物は僅か2割
残りの8割は養殖なんですよ。

天然真昆布が少ないことを、あらためて実感した旅でした。

 

尾札部でとれた天然真昆布のお買い物

 

尾札部の天然真昆布を使ったダシパックのお買い物

 

もっと詳しい昆布の話