海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

  • カタログ請求
  • フェイスブック
荒川 晶充

工場長の独り言

 

 

by 削節工場長、荒川 晶充

 

 

200624

 

先日、ある創作和食レストランで食事をしました。その店は、内装、雰囲気も変わっていて、 薄暗い感じの店でした。メニューの書き方も変わっていて、僕にはどんな料理かも想像もつきません。

その中で一番気になった『地鶏の金閣寺風』って書いてるのを頼んでみる事に。

地鶏の上に味噌がたっぷりと塗られ、その上に少し金粉がのっかった料理でした。 普通の居酒屋あたりだと『地鶏の味噌焼』などと書かれているのだろうと思い、 『地鶏の金閣寺風』を考えついた人に感心しました。

またメニューの下の方に『えいひれの乾物』を発見。あれ? 干物の間違いじゃないの? まあ、両方とも「カンブツ」って読めるけど・・・

干物と乾物の違いは、いったい何だろう?

 

 

目次にもどる