海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

  • カタログ請求
  • フェイスブック
黒川 春男

築地の風景

 

 

 

by 築地本店店長、黒川春男

 

 

200917

 

上京した妹から「新橋の例の店、予約取れたから」と電話をもらった。 新橋駅で妹に合流。案内されたのが駅から数分の鳥取県アンテナショップ『食のみやこ鳥取プラザ』。その二階のイタリアンレストラン『オストリアトットリーナ』が予約した店だった。鳥取倉吉の女性が、この店のオーナーなのだ。

 

螺旋階段を上がると、そのまま店内だ。オープンキッチンの回りに十席、椅子席が二十席とこじんまりしている。三人の料理人がキビキビと働く姿が眺められるカウンター席へ。鳥取の地酒『強力』で乾杯。イタリアンと日本酒がここでは有りなのだ。さっそく、トトリコ豚腿肉の自家製ボイルハムサラダ仕立て、トトリコ豚の低温グリルを戴く。脂にしっかり旨みがある。しかし堪能するという程の量でもなく、おかわりするのも芸がないしと悩む。隣の二人は、境港の新鮮魚介のスパゲティ、ペスカトーレをむさぼっている。

 

実は、このトトリコ豚を食べたくてやって来たのだ。以前、早稲田で評判の日本料理店の御主人から、「鳥取のトトリコ豚はうまいね」と教えられた。スペインのイベリコ豚と同様に、地元のドングリを食べさせ放牧したのがトトリコ豚だ。まだまだ大山鶏の様にメジャーじゃないのに、もう御存知とは驚いた。新しい食材に、いつも挑戦してらっしゃるに違いない。脱帽した。

 

階下に下りて、鳥取産食品を漁る。妹がすすめるのが『鬼太郎が好きなビーフカレー』、そしてありました『トトリコカレー』なんでカレーなのとい言えば、鳥取のカレールー消費量は全国一なんだそうです。日本一人口の少ない県の日本一大きな話でした。

 

 

目次にもどる