海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

  • カタログ請求
  • フェイスブック

鰹節の伏高トップページ > 伏高について

伏高について

いらっしゃいませ。職人が丁寧に仕上げた、まがい物ではない、昔ながらの「真っ当な食材」を一人でも多くの方に味わっていただきたい。そして、子や孫の世代に残してゆきたいと伏高は考えています。

伏高が考える「真っ当な食材」とは

腕の良い職人が良質な原料を使い、時間をかけて丁寧に作った食材を「真っ当な食材」 と考えています。しかし、今ではそのような食材をつくる製造家は消えつつあり、「真っ当な食材」は絶滅の危機に瀕していると言っても過言ではありません。
伏高では「真っ当な食材」にこだわり、それを日本各地より探し求め皆様のものへお届けいたします。

築地でも「真っ当な食材」を見つけるのは難しい

店頭「伏高」は、大正7年、祖父、中野高介により、日本橋の鮮魚仲卸として始まりました。

関東大震災の後、中央卸売市場が現在の築地に移転したのを機に、鰹節仲卸となり 主に飲食店様への鰹節、昆布、煮干等、海のだしの卸売を生業としています。

私が子供の頃は、どの街にも良心的な乾物屋さん(食料品店)があり、良質な原料からきちんと丁寧に加工された 食材が簡単に手に入ったのですが、時代の流れと共に、街角の乾物屋さんが姿を消し、「真っ当な」食材を手に入れにくくなりました。

「真っ当な食材」を売る乾物屋さんがなくれば、それを買い求めるお客様も少なくなり、ひいては、 昔ながらの方法で丁寧に食材を作る製造家も消えつつあります。

昭和から平成になる頃、私はサラリーマンを辞めて家業の鰹節屋を継ぐことにしました。

「これからの商売をどうしたもんか」と考えていたとき、昔ながらの良質な食材を求めてわざわざ築地まで来てくださるお客様が相当数 いらっしゃることに気がつきました。

築地に「真っ当な食材」は沢山あります。でも、築地の街は飲食店さんの為にあるような街 ですから、一見、真っ当そうですが、実は真っ当ではない食材も沢山あります。

ですから、商品知識のない 一般の方が「真っ当な食材」を築地で見つけることは、簡単そうで、実は、難しいことなのです。

「真っ当な食材を 求める方」と
「真っ当な食材を作る製造家」の架け橋に

商品群そのような中で、市場と小売業(ひいては消費者の方々)の仲立ちをする仲卸にとって、「真っ当な食材を 求める方」と「真っ当な食材を作る製造家」の架け橋になることも大切な仕事であると考えるに至りました。

簡単に云えば、かつて近所にあったような乾物屋さんを始めようと思ったのです。

ただ、乾物屋を繁華街に出しても商売になるとは 思えませんでした。「真っ当な食材」の価値をご存じの方も沢山いらっしゃいますが、 「より手軽な、より便利な、より安い食材」の方が圧倒的に売れるのが現実です。

そこで通信販売という方法で乾物屋さんを始めることにしました。

鰹節、昆布、煮干など、海のだしを中心に、私自身が「真っ当な食材」と納得できる ものだけを選び集めています。

正直な話、私が選んだ「真っ当な食材」は、価格だけを比べれば、 世間一般に販売されているものより高くなります。

しかしながら、その分、原料は厳選した素材を使っていますし、 職人はきちんと丁寧に仕事をしています。「価格の差」以上の感動が味わえる食材を品揃えしています。

伏高は「真っ当な食材」をつくる製造家を応援しています。
そして「真っ当な食材」を求めて下さるお客様を大切にします。

「日本の食文化を守りましょう」なんて偉そうなことは考えていません。

ただただ、旨い物を食べた方が人間は幸せだと思っているだけです。

このままでは日本の伝統的な製造家が姿を消し、 「真っ当な食材」は絶滅してしまいます。

伏高は、昔ながらに丁寧につくられた食材をお客様のもとへ お届けすることで、子や子孫の世代まで本当においしいものを伝え残していきたいと思っています。

 

築地仲卸 伏高
 三代目店主
中野 克彦