鰹節の伏高トップページ商品一覧 > 粉だし

粉だし

濾さずにそのまま味噌汁や煮物にお使いいただけます

粉だしって何?

かつお節、昆布、乾椎茸を約80ミクロンの超微粒子にいたしました。抹茶やきな粉の様に細かい粉だしですから、濾さなくても舌触りは気になりません。お湯を注ぐだけで100%天然のダシがとれます。

ダシ取りだけでなく、炒め物、 和え物、揚げ物、ドレッシングに、直接、混ぜてもお使いいただけますので、 ご利用の方法もぐっと広がりました。

ただし、100%天然素材ですから、絶対に溶けません。ですから、 濾さないまま使うのであれば、かつお節の色が残ってしまい澄んだダシ汁になりません。

はっきり申し上げると、お吸い物や淡い色の料理には不向きです。 味噌汁や濃口醤油で味付けする煮物などに最適です。

当然、濾せば澄んだダシになりますので、お吸い物にも、まったく問題なく、ご利用になれます。超微粒子の粉だしですので、濾す際には、ペーパータオルをお使いください。

 

かつお荒節の粉だし

かつお荒節の粉だし

¥864/100gパック

さば荒節の粉だし

さば荒節の粉だし

¥648/100gパック

冬島 日高昆布の粉だし

冬島 日高昆布
の粉だし

¥972/100gパック

岩手乾椎茸 香信の粉だし

岩手乾椎茸
香信の粉だし

¥1,512/70gパック

 

 

 

料理研究家の後藤加寿子先生は 1999年「袋にパックした粉だし」を提案され、その後、さらに使いやすい方法を研究されてきました。 半年ほど前(2001年秋)より、後藤先生のご指導のもと、様々なタイプの粉だしを試作し、やっと、満足が出来る製品が完成いたしました。

天然の素材だけの素直な味、なによりも無添加ということが嬉しいですね。

若い人でなくても、日本料理は、だしをとるのがめんどう、むずかしい、時間がない・・・ と思っている方は少なくないようです。

でも、この粉だしなら、そのまま使えて手間もはぶけますし、添加物が一切含まれていないので、 すっきりとした味に仕上がります。


やっぱり日本料理は大切に残したい。手軽に使えるものから始めて、 和の味わいの良さを知って欲しいと思います。

 

料理研究家 後藤加寿子

料理研究家 後藤加寿子 武者小路千家の長女として京都に生まれ、母・澄子さん(懐石料理研究家)の助手を 務めながら料理を習う。
近年の素材の変化、女性の社会進出などを考え、 これからの生活スタイルに合った、手早くできて正しい日本料理を残すことをライフワークにしている。
料理教室「さんしょの会」主宰。
後藤先生の粉だしレシピはこちら